2017~2018年の冬は厳しい寒さでしたが、

寒波は日本だけでなく、

世界でも猛威を奮っていました。

 

新情報7daysニュースキャスターから、

世界の異常気象の原因について記事をまとめました。

猛暑の異常気象については↓をご覧ください。

世界と日本の異常気象2018猛暑の原因とは?最高気温50℃超え!

Sponsored Links

アメリカの記録的寒波

アメリカのペンシルベニア州では、

クリスマス後のわずか2日間の間におよそ150cm者雪が積もりました。

 

その後、記録的な大寒波が襲来し、

少なくても22人が死亡するなど、

大きな被害も出ています。

 

ミシガン州では、

車30台以上が次々とスリップ、

 

側溝へ落ちるなど、

街がパニック状態。

爆弾サイクロン&高潮発生

そんな強い寒波が居座る中、

BOMB CYCLONE(爆弾サイクロン)が出現。

 

日本でいう爆弾低気圧が、

アメリカ東海岸を北上し、

NY州では、

非常事態宣言が出されました。

 

海も荒れ狂い、

1月4日にはマサチューセッツで高潮が発生。

 

電信柱を超える高い波が押し寄せ、

瞬く間に住宅街が水に浸かりました。

 

暴風雪のさなかの高潮で、

冷え切った水が街を飲み込むという異常事態。

 

しかもこの高潮は、

単なる洪水では終わらず、

嵐が去った後には、

海水が凍りはじめたのです。

 

建物や車を氷漬けにし、

映画にでもなりそうな氷の世界に。

北極圏並みの気温

この寒波の影響で、

異常気象も起きていました。

 

それは、

北極圏並みの気温です。

 

全米ではこの2週間で異常なほど気温が低下。

ニューヨークでは氷点下15度を記録、

 

ミネソタ州・インターナショナル・フォールズでは、

史上最低のー38度を下回る地点も続出。

 

メディアにはこんな見出しが踊りました。

”火星より寒い”

”氷河期”

 

氷河期と言いたくなるのも無理はなく、

あらゆるものが凍りつきました。

 

消防士たちのヘルメットや作業着も凍結。

決死の活動が行われました。

 

五大湖の周辺では、

強風で水が吹き上げられ、

公園もこんなことに。

 

川も凍結、

 

 

信じられないものまで凍っていました。

海が一面凍ってしまった!

1月13日、

ニューヨークから300km離れたマサチューセッツ州の海岸では、

何と、海が見渡す限り一面凍っていました。

音が出ます↓

上に乗っても割れないほど、

たぶん氷の厚さは60cmほどにもなっていました。

 

地元の人も始めてだという異常事態。

 

アメリカの寒波はとにかく範囲が広く、

元日にはほとんどの主要都市が氷点下に。

動物が寒さで仮死状態

1月3日、冬でも温暖な南部のフロリダでも、

29年ぶりに降雪を記録。

 

子どもたちは大喜びですが、

喜べなかったのは動物たちです。

 

街の至る所に、

動けなくなったイグアナの姿。

実はあまりにも低温のために、

仮死状態になり、

木から落ちてしまったのだそう。

 

また、

川ではワニが呼吸のために口の部分を出した状態で仮死状態に。

 

このワニたちは、

数日後に氷が溶けたら動き出しました。

 

そしてこちらは、

リスが木を登っている途中で凍死してしまったと思われるものもありました。

 

本当に?

撮影した男性に聞いてみると、

 

動画を見た人からは、

「フェイク」だとか、

「路上で見つけたリスを木に置いたんだ」とか言われたそうですが、

撮影した本人さえも信じられないという現象でした。

 

このリスを発見した日は、

氷点下16℃まで冷え込んだ日だったそう。

ナイアガラの滝が完全凍結

また、

アメリカとカナダの国境付近にある、

ナイアガラの滝周辺では、

1月5日の最高気温が氷点下14℃。

ナイアガラの滝も完全凍結したそうです。

Sponsored Links

気温の逆転現象が各地で起きていた

そして1月2日の気温がおかしなことになっていました。

 

アメリカフロリダ州の最低気温は1℃

北極に近いアラスカ州の最低気温は3℃

 

極寒の地アラスカよりも、

フロリダのほうが寒かったという現象。

 

この冬は、

各地でこのような逆転現象が起きていました。

一体なぜなのか?

気温の逆転現象の原因とは?

気象予報士の森朗さんによると、

 

気球温暖化によって、

北極海の氷が溶けてきていることで、

各地で異常気象が引き起こされている。

 

北極の上では寒気があり、

その周りをジェット気流が吹いているが、

 

北極海の氷が溶けると、

上空にある寒気が弱まり、

 

そこへ暖気が流れ込み、

ジェット気流が大きく蛇行。

 

そしてジェット気流の蛇行により、

本来寒い場所が暖かくなり、

暖かい場所が寒くなるという現象が起きる、

ということです。

 

今後南岸低気圧という、

本州の南を通過するような低気圧が来た時に、

 

これまでは雨になることが多かったが、

今年のように寒気が強くて、

非常に空気が冷えていると、

雨ではなく雪に。

 

しかも大雪になる恐れがあるということです。

 

週明けはいったん寒さが和らぐものの、

再来週から再び寒気の強まる恐れがあり、

大雪の可能性があるということです。

 

 

このゆたぽん、

レンジでチンする湯たんぽですが、

大きさもあってお腹とか腰とか即効に暖められますよ。

楽天市場「ゆたぽん」検索結果はこちら

 

冬以外にも、

お腹が冷えたときや、

腰を温めたいときとか、

オールシーズン使えて便利♪

 

私の周りでも風邪ひきさんが多くて、

誰かが治ると誰かがひいている状態。

 

弱ってるところにインフルエンザなんてかかったら大変です。

 

皆さんも、

寒さ対策は万全に♪

Sponsored Links