偽の米ドル札が都内の金券ショップで相次いで発券されたというニュースがありました。

 

偽札に遭遇することはめったにないとは思いますが、

偽札を掴まされた時の対処法などをNスタより記事にまとめました。

 

万が一のために、

チェックしてみてくださいね♪

 

 

世界の偽札と日本の偽札流通数とは?

世界で流通する偽100ドル札は、

1億4700万ドル以上と言われていますが、

日本円で役166億円という金額。

 

日本の偽札はどうなのかというと、

1万円札の偽造通貨発見枚数は、

2016年で2637枚あったということです。

 

日本では偽札が流通することはないと言われてますが、

それなりに発見されているんですね。

偽札を使ったら罪になるの?

偽札を知らないうちにつかまされて使用してしまった。

そんなとき、
果たして罪になるのでしょうか?

 

知らずに使った場合は、

もちろん罪には問われず、

一方知っていて使った場合は、

「収得後知情行使等罪」で額面の3倍以下の罰金などが課せられる、

ということです。

 

1万円を使った場合は、

最高で3万円以下の罰金を支払うことになります。

偽札は銀行で交換してくれる?

では偽札を掴まされてしまった時、

銀行では交換してもらえるのでしょうか。

 

大手銀行では、

”本物とは交換しません。

基本的に鑑定もしません。”との回答。

 

では、お札を発券する日本銀行ではどうなのか?

日本銀行では、

”交換はしないが鑑定はしてくれる。”

 

また、

鑑定後は偽札でも返却されるそうです。

海外の紙幣は鑑定してくれる?

ちなみに日本銀行では、

日本の紙幣のみの鑑定で、海外の紙幣の鑑定を行わないということです。

偽札を掴まされた時の対処方法は?

日本銀行で鑑定を受けて返却されたら、

”自ら警察へ届け出てください”とのことです。

 

銀行で対処してくれそうなイメージがありますが、

自分で届け出るんですね。

警察で偽札を交換してくれる?

なぜかわかりませんが、

”警察に偽札を持っていけば本物と交換してくれる”

という都市伝説があるそうです。

 

偽造通貨対策研究所の遠藤智彦氏によると、

”都市伝説なので交換してもらえることはないということです。

偽札の鑑定方法

警察では偽札を調べるために、

「科学捜査研究所」へ送られ、

偽札の場合:没収される!

 

何だか納得できませんが、

遠藤氏によると、

”偽札事件解決などの捜査に恩恵があった場合、

捜査協力費としていくらか謝礼が出ることもある。”

ということです。

ATMの読み取りはできる?

Nスタでは紹介されませんでしたが、

ATMをすり抜けてしまうことはないのか、

ちょっと探ってみました。

 

そしたら、

知恵袋でATMから偽札が出てきたという内容が投稿されていてちょっとびっくり!

 

その方は警察に届け出たそうですが、

偽札と鑑定を受けたものの、

証拠がないので返金されず。

可哀想!

 

真相は不明ですが、

ATMでもすり抜けて読み取られてしまう可能性もあるということでしょうか。

 

また、他の投稿に、

ATMの保安員をしているという方の回答もありましたが、

100%万全とは言えないようです。

 

偽札をつかまされるなんて、

めったに起こることではないかもしれませんが、

ATMなどで何度もお札が戻ってくるときは、

”もしかして偽札?”

って少しだけ頭をよぎったりします。

 

あとは偽札じゃないけど、

レジでひどく汚れた硬貨をお釣りで渡されると、

何だかすごくガッカリしますよね。