夏になると心霊番組が多くなりますが、

今日のNスタでも心霊チックな話題が紹介されました。

 

首相官邸や公邸に幽霊が出るという噂、

安倍総理が公邸に住まない理由などなど。

首相公邸・官邸・私邸の違いなども交えて、

Nスタより記事にまとめました。

 

チェックしてみてくださいね。

 

安倍首相が公邸に住まないのは幽霊のせい?

現在の総理公邸の改修工事が終わったのは2005年のこと。

最初の主となったのは当時の小泉総理でした。

 

小泉総理「近くて良いね、歩いて帰れるのがいい。」と満足げな様子でした。

以来歴代の総理はすべて公邸へ引越。

 

安倍総理も1度目の政権時代は公邸に居住していました。

引っ越しの際、

「24時間勤務に近い態勢になるという覚悟を決めて公邸に移ります。」と宣言。

 

なのに何故か2度目の政権からは、

渋谷区富ヶ谷の自宅から離れず、

公邸に幽霊が出るから住まないのでは?という噂まで出る始末。

 

幽霊話しについて当事の小泉総理は、

 

「幽霊?会ったことないね。

一度会いたいと思っていたけど。」

 

 

また、2013年菅官房長官も記者から幽霊の気配があったのか問われて、「言われればそうかな?と思った」と笑い飛ばしていました。

 

幽霊話しは、野党の質問主意書でも、

「公邸に幽霊が出るという噂があるが事実か?」と質問が出されましたが、

政府の回答は、

「承知していない。」でした。

居住しない理由について安倍総理の説明

安倍総理は公邸に居住しない理由について、

2015年の国会で、

「自宅の方がゆっくり休めるのも事実、

官邸まで15分しか時間がかからないので支障はない。」と述べています。

 

 

一度目の政権を辞任した理由が、

ストレスによる機能性胃腸炎での衰弱だったので、

もしかしたら、

霊が出るストレスのせいで機能性胃腸炎になったとかでしょうか。

首相官邸と首相公邸の違いとは?

首相官邸とは、

首相の仕事の拠点、

閣議や首脳会談なども行われる場所。

以前、屋上にドローンが落ちて騒ぎになった事もありましたよね。

 

首相公邸は、

首相と家族が生活するプライベートな場所です。

Google mapで見ても至近距離に官邸と公邸があるのがわかりますね。

※ちなみに公邸の間取りは非公開とされているそうです。

 

安倍首相が公邸に住まないのはもしかしたら、

この公邸の間取りや内装が気に入らない?

でなければ、昭恵夫人が公邸は嫌だと言っているとか?

 

でも安倍総理の自宅の方がお姑さんがいて、

昭恵夫人にとっては、針のむしろのような気もします。

 

私邸とは、個人の自宅です。

幽霊話が出ているのは公邸だった

幽霊話しが出ているのは公邸のほうで、

色々な証言がありました。

羽田元総理夫人は著書の中で↓

・排水溝が詰まってしまって、調べてみたら髪の毛がたくさん出てきた。

・霊感のある知人女性が公邸を訪ねてきたときに「庭に軍服を着た人がたくさんいる。」と言っていた。

と書いています。

 

他にも首相公邸の幽霊話本がありました。

森喜朗元総理も幽霊に遭遇?

森喜朗元総理も、

・ベッドで寝ていた時に「ザック、ザック」と、軍人の歩く靴の音が聞こえ、自分の寝室の前で止まった。

ドアを開けてみたら、誰もいなかったと。

 

 

小泉総理は、

一度もあった事は無いと笑い飛ばしていたので、

一部の噂では公邸に引っ越し直後にお祓いをしたのではないかとも言われているそうです。

海外でも幽霊話があった

ホワイトハウスでは、

暗殺されたリンカーン16代大統領の幽霊が出るというのは有名な話。

トルーマン元大統領やアイゼンハワード元大統領など、歴代大統領が目撃していたと言われています。

 

最近では、オバマ元大統領夫人が、

寝ているときに誰かに足を噛まれたような気がすると言っていたそうです。

 

ブラジル大統領公邸では、

2016年テメル大統領一家が幽霊の気配を訴え、

元々住んでいた副大統領公邸へ戻ったというエピソードがありました。

 

霊が出る家に住まなければならないなんて、

心身共に衰弱しそうですが、

霊が住む家に住むことで、その例と相性が良ければ

出世したり、仕事が上手く行くなんて話も良くありますよね。

 

お笑い芸能人でも事故物件に住んで売れるようになったという人がいたような気がします。

カズレーザーさんもそうでしたよね、たしか。

幽霊話の真相とは?

総理公邸が出来たのは1929年(昭和4年)

元々はこの建物の中に官邸と公邸の役割が入っていて、

2002年、新官邸が別に作られ、

2005年、旧官邸を移築し、現公邸になりました。

 

現在の公邸の建物には当時の弾痕と思われる跡がありますが、

こんな事件がありました。

 

・五・一五事件では、公邸の中で犬養首相が暗殺された。

・二・二六事件では、岡田首相が狙われ、身代わりとなった義弟が射殺された。

 

このような悲劇がありました。

首相の住まいに決まりはある?

国家公務員宿舎法によると、

特定の職務に当たる職員は、勤務地に近接する場所に居住する必要がある。

内閣危機管理監や官房副長官などは、

官邸から2㎞以内に住まなければならないという決まりがありました。

 

 

首相はどうかというと、

TBS政治部デスクによると、

 

「大前提として近いほうがいいという事ですが、

具体的に何㎞以内は無いと思う。」とのこと。

 

なのでこれまでも公邸に住んでいた人、いない人がいたということです。

戦後の歴代首相の居住場所は?

私邸に住んでいた人は、

目白御殿に住んでいた田中角栄元首相はを含め17人、

 

公邸に住んでいた人は、

細川護熙元首相や、小泉元首相を含め21人で、

細川さん以降はすべて公邸に住んでいたということですが、

安倍総理は今回の政権では、私邸住まいとなっています。

 

例外として、

海部俊樹首相は、頻繁にホテルオークラから通勤をしているなど、近ければOKということのようです。

首相公邸に専属料理人はいるの?

官邸関係者によると、

「プライベートな部分に対しては、何の手当もない。」

基本、婦人や家族、本人が家事などを行うということですが、

小泉元首相に郵政解散を考え直すよう訪れた森元首相が、

「干からびたチーズ一切れと缶ビールしか出されなかった」と発言したエピソードは有名ですよね。

 

小泉首相は一人身なので、無理もない話だし、何か庶民的で良い感じです♪

海外から要人が訪問した時はどうするの?

この場合は、ケータリングや料理人を雇ったりなどで対応するそうです。

以前小池百合子都知事の自宅がグッディで公開された時にも、

自宅に用心を招くときは、ケータリングや料理人を雇うなどと話していました。

安倍首相が公邸に住まない本当の理由

安倍首相は、

明日で首相在職期間が歴代首相の中で小泉さんと並ぶ1980日となるそうです。

1.桂 太郎 2886日

2.佐藤 栄作 2798日

3.伊藤 博文 2720日

4.吉田 茂 2616日

5.小泉 純一郎 1980日

 

2度目の政権発足時には、

1度目のストレスからの辞任のイメージが強く残っていたので、これほど続くとは思ってもいませんでしたが、予想外の長期政権となってきましたね。

 

TBSスペシャルコメンテーター岩井成格氏によると、

安倍首相が公邸に住まない理由として、

前、昭恵夫人が「あの公邸時代は地獄のような日々だった。」

と語っていたということで、イメージがとても悪いようです。

ただ、五・一五事件や、二・二六事件の話もすごく影響が大きいという事です。

 

以上でした♪