数年ぶりにスマホを新調、

Android 4.2から8になりました♪

 

購入したのは、

SIMフリーの ”HUAWEI nova lite2”

 

スペックや使い心地、

お得キャンペーン情報などと合わせて記事にまとめました。

 

nova lite2を検討中の方は参考になさってくださいね。

お得キャンペーン情報もあります♪

HUAWEI nova lite2のスペック

メーカー・機種名 HUAWEI nova lite2
キャリア SIMフリー(nanoSIM)
発売日 2018年2月
価格.com最安値 2018年11月2日現在:24,462円
カラー ブルー・ブラック・ゴールド
端末サイズ 幅:約7.2cm 縦:15cm 厚さ:約7.45mm 重さ:約143g
液晶サイズ 5.65インチ(18:9の超ワイドディスプレイ)
画面解像度 2160×1080
OS Android 8.0
CPU Huawei Kirin 659  オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
内蔵メモリ RAM3GB  /  ROM32GB
外部メモリ マイクロSDカードで最大256GBまで拡張可能
バッテリ 容量3000Ah(一体型)
データ通信速度 (送信時最大)LTE:50MBPS(受信時最大)LTE:150Mbps
デザリング 対応
Bluetooth 4.2
背面カメラ 1300万画素+200万画素
前面カメラ 800万画素
認証機能 指紋認証
防水機能 無し
ワンセグ機能 無し
おサイフケータイ 無し
付属品 ACアダプタ・USBケーブル・保護ケース(クリア)・イヤホンマイク・クイックスタートガイド

ブラック・ブルー・ゴールド

3色のみなので、かえって選びやすいかも。

 

ブルーとゴールドどちらも良い色ですよね。

でも明るい色のほうが気持ちが上がるのでゴールドをチョイスしました。

保護ケース・フィルムも付属品に

付属品は、

・イヤホンマイク

・ACアダプタ

・USBケーブル

・ピン

・クリアケース

 

まさか保護ケースが付いてるとは思いもせず、届く前に保護ケースを購入してしまうという誤算。

 

端末以外の付属品はこちら

 

ケースをはめたところ

 

特に可愛いケースとかは求めてないので、今はこれで十分♪

購入したケースは激安だったせいか、ボタンと微妙にずれてしまい使えず、ゴミ箱行きとなりました。

 

あと、これは定かではないですが、

保護フィルム(シール)も貼ってあるっぽい!

老眼なので断言できませんが。

 

もし貼ってあるとすれば、

至れりつくせり、すべてが揃ってるということですね。

サイズ感や重さは?

7.2cm × 15cm × 0.75cm

手に持った感じ、大きすぎず収まりが良いサイズ感、

ロックを解除する程度なら親指でスワイプも可。

 

重さは、これまで8インチのタブレットフォンだったので、嘘みたいに軽く感じます。

重さ143gというとバナナ1本程度の重さですね。

顔認証・指紋認証はあるの?

指紋認証 →◯

顔認証 →バツ

 

顔認証も指紋認証も未体験の私。

nova lite2は指紋認証のみだったので、ちょっと残念かな。

 

でも指紋認証の機能が充実♪

・電話に出る、切る

・アラームを止める

・カメラやビデオのシャッター

・通知パネルの表示&閉じる

 

これらが片手で持ったまま操作出来てしまう。

 

使い方は、背面上部に付いてるセンサーに指を当てるだけ。

慣れないと指の当て方で反応しなかったりもあったりします。

 

ま、無くても良いかな?

おサイフケータイは使える?

おサイフケータイは無いので、

おサイフケータイ必須の人にはnova lite2は不向き。

 

でも低価格モデルゆえ、

余計な機能がないのはさっぱりしてて良いかも。

バッテリーの持ちや交換はできる?

バッテリーは持ちが良いとは言えない気もしますが、

 

調べてみるとAndroid8.0はGoogle開発者サービスが電池を消費するという話もあります。

 

nova lite2の省電力機能としては、

・省電力モード

・ウルトラ省電力モード

この2つ。

 

電池が100%の時点で、

省電力モード → 残り1日と5時間

ウルトラ省電力モード →4日と2時間

となってました。

 

もちろんアプリを使うことで、残り時間は大幅に変わりますよね。

 

バッテリーは取り外し出来ない一体型です。

nova lite2はゲームには向いてる?

ゲームに向いているかどうか、

これもスマホ選びの重要な基準になっているようですね。

 

そこで、ツイッターからnova lite2がゲームプレイに向いている機種なのかを探ってみました。

ゲームに向いてる口コミ:

ゲームに向いてない口コミ:

解像度を落として使う口コミ:

 

トータルで見ると、

本格的にゲームをするには向いてない機種だけど、簡単なゲームをする分には使える程度。

 

たくさんのアプリを入れても、

サクサク動いてくれます。

 

ちなみに解像度を落として性能を保つという裏技?

初めて知りました。

 

この画面から変更出来ます。

nova lite2を最安値で購入出来るチャンス

今ならOCNモバイルONEでSIMと端末をセット契約をすると、nova lite2が最安値1800円で購入出来るんです。

 

※価格.comの現在の最安値価格はこちら

2018年11月2日現在の最安値24462円となってます。

 

OCNモバイルONEが今行っているキャンペーンがこちら

キャンペーン期間は、

11/1~11/13(火)まで。

 

私が購入したときは、

OCNモバイルONEの5周年記念で、nova lite2の端末料金は、4,800円でした。

なので、今回の1,800円という料金はかなりの破格!

ちょっと羨ましいです。

 

この期間中にnova lite2を購入する場合の料金はこちら

端末の購入費用と手数料
nova lite2 端末価格 1,800円(税込1,944円)
初期手数料 3,000円(税込み3,240円)
SIMカード手数料 394円(税込み425円)
合計 5,194円(税込み5,609円)

音声対応SIMカード利用での月額基本料金はこちら

コース別の月額基本料
1日あたり110MB 1,600円(税込1,728円)
1日あたり170MB 2,080円(税込2,246円)
1ヵ月あたり3GB 1,800円(税込1,944円)
1ヵ月あたり6GB 2,150円(税込2,322円)
1ヵ月あたり10GB 3,000円(税込3,240円)
1ヵ月あたり20GB 4,850円(税込5,238円)
1ヵ月あたり30GB 6,750円(税込7,290円)
500kbps(1ヵ月あたり15.0GB) 2,500円(税込2,700円)

OCNモバイルONEに解約しばりはある?

今回購入したOCNモバイルONEのSIMセットですが、実はこれまで使っていたのもOCNモバイルONEでした。

 

2回線も必要はないので、

携帯目当てでSIMセットを購入して、すぐにSIMを解約すればいいのでは?

 

そんなずる賢い考えが浮かんだものの、

OCNモバイルONEにも解約しばりがあります。

 

2年とかの厳しい縛りではなく、6ヶ月の縛りです。

一番安い1日あたり110MB  1,600円(税込1,728円)を6ヶ月使ったとすると、

1728×6=10,368円

 

携帯欲しさに2回線使うのは勿体無いので、

これまで契約していたSIMは解約しました。

 

実は、

解約した電話番号は運勢の良くなるという数字にするために、わざわざ電話番号変更手続きをしてゲットしたお宝番号。

涙をのんで手放しました。

それほど運勢が改善したということも特に無かったので(笑

OCNモバイルONEは機種変更できる?

解約前に、

もしかしたら機種変更という形で電話番号の引き継ぎができるんじゃない?

 

またまたそんな貧乏根性が出てきて、

問い合わせをしたところ、機種変更は出来ないそうです。

 

なので私のようにOCNモバイルONEユーザーは、新たにSIM契約したら電話番号の変更はまぬがれません。

 

それにしても、

Android8.0のスマホがこれだけ安くゲット出来たら文句はありません。

キャンペーンは11月13日までなので、

検討中の方は逃さないように♪