緑色の看板でおなじみの業務スーパーですが、

安さの秘密はどこにあるんでしょうか。

 

めざましテレビで、

業務スーパーの人気売上ランキングや、

安さの秘密が紹介されたので記事にまとめました。

業務スーパーファンの方は、チェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

 

業務スーパーの人気の秘密とは?

業務スーパーの店舗数は右肩上がり、

現在780店舗を展開しています。

業務スーパー店舗はこちら

 

ちなみに、

業務スーパーなんて近所にないしな~って思ってたら、

割と近所にあったことが判明しました。

 

何故気が付かなかったのか。。。

 

さて、業務スーパーといっても、

8~9割は一般のお客さんなのだそうです。

 

お客さんに業務スーパーを気に入っている点を聞いてみると、

・量が多い
・安い

この2点に集中しました。

 

6枚・8枚切りの食パン 各67円

ウインナー 1kg 460円

こんにゃく 1.5kg 237円

焼きそば 1kg 148円

スパゲッティ 5kg 870円などなど。

 

売上トップ5の商品とは?

過去1年間の売上個数のランキングは、

1位:ブラジル産鶏もも正肉2kg 738円

2位:カットトマト缶詰400g 75円

3位:讃岐うどん200g✕5食 147円

4位:ベルギー産フライドポテト1kg 195円

5位:徳用ウインナー1kg 460年

トップ5は圧倒的に大容量の商品がランクインしています。

 

1位のブラジル産鶏もも正肉は、

照り焼きや唐揚げなど多彩なレシピが楽しめる人機商品です。

Sponsored Links

何故ここまで安く提供できるの?

安く提供できる理由は、

①ダンボールのまま陳列

飲料水のダンボールをそのまま売り場においたら、

あとは上半分を取り除くだけ。

20秒ほどで品出しが終了できます。

 

商品を一つ一つ取り出して並べる必要が無いため、

品出しの手間がかからず、

価格を安く抑えることが出来るというわけです。

 

②陳列棚の奥行きが深い

陳列棚は一般的スーパーと比べて1.5倍の奥行きになっています。

これもより多くの商品を陳列することで、

品出しの手間を削減して人件費を節約することにつながるためです。

 

③パッケージ

さらに、商品のパッケージにも秘密がありました。

牛乳パックと同じパッケージを使った、

水ようかん1kg 195円

カスタードプリン1kg 195円

コーヒーゼリー1kg 158円などなど、

コストカットの工夫も。

 

それにしても安い!

ベテラン主婦のお買い物とは?

缶詰や冷凍食品など、

保存を豊富に取り揃えているのが業務スーパーの特徴です。

 

めざましテレビでは、

業務スーパー愛好歴10年というベテラン主婦のお買い物に密着しました。

 

ベテラン主婦は、15分ほどで買い物を終了。

この日の買い物は、

冷凍食品4点を含む計23品、4165円でした。

・キャベツ 1個
・レンコン 1パック
・えのき 1パック
・豆腐 1丁
・納豆3個入り 1パック
・ヨーグルト
・プリン
・粗挽きウインナー
・卵
・お肉
・食パン2キン
・うどん 4袋
・ちくわ 1袋
・板コンニャク 1個
・スライスチーズ 1袋

冷凍食品
・さといも
・唐揚げ
・餃子
・エビフライなどなど、

家族7人で2,3日分の食材を買い込みました。

 

魚は別のスーパーで買っているものの、

他の食材は業務スーパーを活用しているということです。

 

意外と普通の買い物で、

冷凍食品は4点のみでした。

 

わりと近所に業務スーパーを見つけて、

意気揚々と買い物しました。

 

普段はコスパの西友で買い物してますが、

西友だと、

りんご5個入りが398円~498円あたり。

 

業務スーパーで、

5個入り298円でした。(安い!)

多少難あり商品でしたが。

 

西友と業務スーパー、

上手く利用して節約出来たら良いな~って思います♪

Sponsored Links