池上彰そうだったのか!!で、

防災の新常識が紹介されました。

 

首都圏直下型地震の時の避難方法や備えなど、

Q&A方式でわかりやすかったので記事にまとめました。

 

いつくるかわからない大地震、

日頃の防災意識が大事なのでチェックしてみてくださいね♪

 

9月8日放送の防災危機管理能力地震編はこちら

Sponsored Links

 

家庭での避難と対策

Q:地震発生の瞬間の行動、

A火を止める B安全な場所に逃げる

 

正解⇒B

現在は、ガス栓が自動で止まるようになっているので消す必要はないから。

火を止めに行って油を被ったり、熱湯を被ったりする恐れあり。

「グラッときたら火の始末」は昔の常識。

Q:地震の時家の中で比較的安全な場所は?

Aトイレ B玄関

 

正解⇒B
トイレなど狭い場所は閉じ込められる危険性あり。

物が倒れてドアが開かなくなるなど。

Q:揺れがおさまったら取るべき行動は?

Aスリッパを履く Bドアを開けて出口を確保

 

正解⇒A

地震の後はガラスなど危険なものが散乱、足を怪我してしまう恐れあり。

足を怪我するとその後避難が出来なくなるのでまずはスリッパなどで足を守る。

寝る時に履物を傍に置いておくと安心。

仕事場や外での避難と対策

Q:ビルの中にいる時地震が起きたら逃げる場所はどこ?

A階段ですぐ1階へ Bエレベーターホール Cオフィスの机の下 Dトイレ

 

正解⇒B

オフィスはFAXやコピー機、戸棚があり飛んでくる危険性がある。

階段に人が殺到して踏み外したり、パニックになる危険がある。

トイレはドアが変形して閉じ込められる危険がある。

エレベーターホールは窓ガラスや家具が少ないので、そこで揺れが収まるのを待つのが安全。

Q:地震の時地下街にいたら取るべき行動は?

Aすぐ非常口へ B柱や壁際で待つ

 

正解⇒B

大勢が非常口に殺到する可能性が高く、パニックを起こし怪我人や死者が出ることがある。

地下の揺れは地上の約1/3程度と言われており、揺れが収まるの待ち、非常口から地上へ出ることが推奨されている。

Q:地震の時繁華街にいたらどこへ逃げるべき?

Aビルの近くの壁際でしゃがむ B近くのビルの中に入る

 

正解⇒B

ビルの近くはガラスが降ってきたりする恐れがある。

最近のビルは簡単には倒れない。

一番良いのは広い公園に逃げる事だが、近くにない場合はビルの中が安全。

Q:車の運転中に地震が起きたら車を路肩に止めて揺れが収まるのを待つべきだが、揺れが収まったあと車はどうする?

A道路買いまで車で移動する Bカギと車を置いて避難

 

正解⇒A

以前はBが正解だったが、車がズラッと並ぶと緊急車両の邪魔になるので、ゆとりがあったら、止めておいても支障のない場所(近くの駐車場・空地など)へ移動させる。
(その際カギはつけたままにすること。)

Q:ナマズのマークがある道路の意味は?

A地盤が弱い B地震災害の時は通行不可

 

正解⇒B

東京都や警視庁は「地震=なまず」という認識でこのマークを付けたが若い人は知らない。

地震などの緊急時はこの道路は緊急車両が通るので通行止めになると言う意味。

緊急時は車での移動はなるべく避けるべき。

このマークは都内の幹線道路に多い

避難する時知っておくべき事

Q:揺れが収まり避難する時ブレーカーを落とすべき理由とは?

A火事を防ぐため B高額請求が来るから

 

正解⇒A

通電火災を防ぐため。

阪神淡路大震災で電気ストーブを使っていた人が多く、洗濯物が電気ストーブの上にかぶさったりなど、電気が通るようになった時に火災になるケースが多かったため。

Q:地震の後周辺で火事が起きている時目指すのはどちらのマーク?

正解⇒左

Aは避難場所、Bは避難所

Aは大きな公園など広域避難場所で、一時的に逃れる場所。

Bは災害からしばらく経って生活する避難所(学校や公民館など)

Aは非常口のマークなので、世界共通で外国人にもわかりやすい。

東京都の場合はまず、

①一時集合場所へ避難

周辺の状況を確認後、

②避難場所へ行くか、(消火まで待とうなど)

③避難所へ行くか、(家で生活できないなど)

を決めるという2段階の避難を推奨しています。

Sponsored Links

地震に対する備え編

Q:食料の備え方で推奨されているのは?

A長持ちする非常食 B普段の食料を多めに買う

 

正解⇒B

非常食だけのために備えるのは大変。

いざという時賞味期限が切れている事もある。

むしろ普段の食料品を多めに買って食べたら都度買い足すローリングストックだと無理・無駄が出ない。

(飲料水やレトルト食品なども)

Q:食料品や生活必需品は何日分用意すべき?

A3日分 B1週間分

 

正解⇒ B

従来は3日分が推奨されていたが、現在は1週間分が推奨されている。

首都直下が起きたら東京都庁など行政も被災するのですぐに支援出来ない可能性あり。

1週間分はストックしておくと安心。

想定される被害の可能性

電気 1週間止まる
水道 1ヵ月止まる
ガス 2ヵ月止まる

被災経験者が役に立った非常食

1位 ミネラルウォーター
2位 缶詰
3位 インスタントラーメン
4位 レトルト食品
5位 飴(甘いものが欲しくなるので)

*黒砂糖があるとミネラル分も補給できる。

役に立たなかったもの

インスタントラーメンは役に立ったにもあるものの、
カセットコンロなど火が無い場合はそのまま食べるのが困難。

1週間分の備蓄(4人家族の場合)

水30本(2リットル)
米10㎏
レトルト食品(10袋)
簡易トイレ(100セット以上)

Q:多くの乾パンと一緒に入っているものとは?

A氷砂糖 B塩

 

正解⇒A

氷砂糖かコンペイトウが入っている事が多い。

理由は、乾パンはパサパサして食べにくいので、唾液の分泌を促し食べやすくする効果のため。

Q:以外に役立ったものとは?

Aラップ Bアルミホイル

 

正解⇒A

・防寒性が高い(お腹にまくなど)
・お皿代わに被せて洗わなくても済む。
・傷に巻いて止血するなど。

アルミホイルも鍋代わりに使用したりできるがラップの方がさらに汎用性が高い。

地震の起きる確率

Q:首都圏直下型地震は30年以内に70%以上の確率で起きるの意味とは?

正解⇒たった今から30年以内に起きる可能性が70%と言う事。

今かもしれないし20年先かもしれない。

Q:何故30年以内となったのか?

正解⇒過去の地震220年間から導き出した確率

1703年か~1923年の間にM7クラスの地震が8回起きているので、

220÷8=27.5

つまり30年に1度は大きな地震が起きる可能性が高いと言う事。

 

その他の知識

災害時無料で利用できる自動販売機がある

東日本大震災以降、このような自動販売機の設置が増えている。

災害時に自動販売機管理者が専用キーで非常電源に切り替え、ボタンを押せば飲み物が出てくる。

最大で500本入っているので、多くの人が助かる。

 

津波避難ビルの指定や海抜表示が増えた

神奈川県など海に近い地域では、津波避難ビルの指定や海抜表示が増えている。

特に観光客が多い鎌倉市では、市内144ヶ所すべてのポストに表示している。

 

公園の中に巨大備蓄倉庫が設置

江戸川区火災防災公園では公園の中に巨大備蓄倉庫を設置、炊き出しに必要な食糧品や物品などを東京都から預かり保管。

災害時には各避難所へ届ける体制が整っている。(20万人3日分)

 

公園のベンチがかまどに変身

渋谷区代々木公園のベンチは、震災時かまどに変身する。

公園のベンチの座る部分を外し、かまどとして使えるようになっていて、炊き出しに使用。

 

公園の椅子がトイレに変身

静岡県浜松市の浜松城公園に設置されている椅子は震災時トイレに変身する。

座る部分を取り外し、周りをテントで囲むと非常用トイレになる。

 

公園のブランコがテントに変身

静岡県浜松市の浜松城公園に設置されているブランコは、震災時巨大なテントに変身する。

乗る部分を外し、布で覆うと巨大なテントになる。

 

東京都の企業に対する備蓄条例

東京都では帰宅困難な従業員のために毛布や食料品を3日分備蓄する条例を制定。

東京都の場合、一般企業が一時滞在施設として協力する場合、

⇒東京都が備蓄品の費用の5/6を補助(品目の条件あり)

 

六本木ヒルズは巨大備蓄倉庫を完備

六本木ヒルズでは、民間として最大の非常用備蓄倉庫を完備。

ビルに入っている会社やお店、居住者を始め周辺地域のために食料を10万食備蓄するほか医薬品や備品も完備。

また、港区と協力協定を締結、

5000人の帰宅困難者の受け入れが可能。

いざという時は広いフロアに避難者を誘導する。

 

コンビニに災害時帰宅支援ステーション

(コンビニ・居酒屋など都内に1万か所以上)


・水道水の提供
・トイレの使用
・道路情報などの提供

東日本大震災の時家まで歩いて帰る人が多かったため設けられたそうです。

 

以上です♪

こちらもご覧ください↓

池上彰の防災危機管理能力チェック地震編まとめ

Sponsored Links