高騰していた野菜が通常価格に戻ってきてホッとしているなか、

3月に続いて4月5月も値上げなんてニュースが入ってきました。

 

食品、公共料金、家庭紙、保険、初診料とか、

色々なものが値上げ、または値下げされる予定となっています。

 

記事にまとめたので、

チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

 

公共料金の値上げ

生活に欠かせない電気とガスの料金が、

4月から値上げになります。

 

<電気料金>

4月より標準家庭で25円~70円ほどの値上げ。

・東京 70円ほど

・沖縄 55円ほど

・中部 50円ほど

 

<ガス料金>

都市ガスは全4社東邦ガス・東京ガス・大阪ガス・西武ガス)が、

標準家庭で35円~45円の値上げ

アルコール飲料の値上げ

ビールの値上げ:

キリン・サントリー・サッポロ各社で、

業務用のビールが4月1日出荷分から値上げとなるそうです。

 

値上げ率などの情報は見つけられませんでしたが、

外飲みの出費が上がりそうですね。

ビールの値上げについてはこちらの記事をご覧ください↓

ビールの値上げが2018年に相次ぐ理由とは?サントリー&アサヒ&キリンサッポロも?

ワインの値上げ:

アサヒ・サッポロ・サントリー・メルシャンなどは、

4月1日出荷分から輸入・国産ワインの1部を5~6%値上げするということです。

 

ワイン好きの人は、

4月前に購入しておくと良いかも。

食品の値上げ

食品の値上がりもかなり家計にこたえますね。

おかめ納豆の値上げ

タカノフーズでは大豆原料の高騰により、

4月から5月にかけて出荷価格を引き上げる予定。

10円~20円ほどの値上げになる可能性もあるそうです。

Sponsored Links

山崎製パンの値上げ

山崎製パンでは、

カリフォルニアの天候不順でレーズンの価格が高騰したため、

レーズンを使った商品の一部の値上げを発表しました。

 

5月1日出荷分より

・レーズンゴールド →12%値上げ

・ロイヤルバターロールレーズン他 →内容量を減

お米は高値続く

2017年が不作だっため、

新米の出る10月頃までは高値が続く見込み。

 

でも2018年から減反政策が廃止されたため、

市場に出回るお米の量は2019年からは増加。

 

価格も徐々に下がっていく見込みで、

2020年には下落する可能性もあるそうです。

牛丼チェーン松屋の値上げ

4月3日午後2時より、

松屋 商品の一部 10~50円値上げ

 

すき家はすでに2017年11月に値上げ完了、

吉野家は値上げ予定なしで、

値上げはありえないとのコメントだそうです。

家庭紙の値上げ

丸富製紙では、

原料の古紙、物流費、燃料費の高騰で、

4月21日出荷分よりトイレ紙の価格を15%以上引き上げ予定。

 

トイレットペーパーは、

店頭価格で50円程度の値上げになり、

一般的なトイレットペーパー12ロール入り 298円以上

香り付きや3枚重ねのトイレットペーパー 348円以上

になる予定。

 

また、大王製紙・王子ネピア・日本製紙クレシアも、

・ティッシュペーパー

・トイレットペーパー

・キッチンペーパー

などの家庭紙を10%以上値上げで交渉中

 

大王製紙・王子ネピアは、

5月1日出荷分からの予定。

接着剤の値上げ

接着剤でお馴染みのコニシは、

・ボンド木工用

・アロンアルファ

などを4月1日出荷分より10~20%値上げ。

 

値上げ理由は、

原材料価格の上昇や運送コストの高騰。

 

かなり大きい値上げに思えますが、

2008年以来の値上げとのこと。

初診料の値上げ

4月より初診料が800円値上がりします。

800円って。。。ショック!

 

かかりつけ医の普及推進のためとありますが、

家計への負担はかなりなものですね。

 

また、紹介状を持たずに大病院を受信した場合に必要となる初診料5000円以上の負担については、

要件を500床以上の病院から400床以上の病院に拡大とのこと。

生命保険の値下げ

生命保険各社が4月から保険料の改定をする見込みです。

生命表の改定により各社で値下げや新商品を投入する予定とのこと。

 

医療の進歩で平均寿命が1.62~2.53歳延びたことから、

生命表が改定になったそうですが、

 

平均寿命が伸びる=生命保険料の支払いが減る

こんな図式で生命保険料が下がるんですね。

 

でも一方では、

医療保険やがん保険は値上げ見込み

国民健康保険の値上げ&値下げ

各自治体によりますが、

18年度の4月より国民健康保険が、

ほぼすべての市区町村で値上げとなります。

 

都内平均の保険料は26%のアップ、

多摩地区はね上げ幅が大きく府中市では57%のアップとのこと。

 

ただ自治体によっては値下げとなるところもあるそうです。

浦安市・松戸市 →大幅アップ

鋸南町・大多喜町 →大幅ダウン

 

こちらもご覧ください↓

Sponsored Links

【値上げ商品】2018年6月7月に値上がりするもの一覧&理由も

Sponsored Links